blog

ピアスホールの場所による意味

 

日本ではあまり深く考えませんが、

海外ではピアスホールの位置や数によって解釈される意味があるようです。

海外に行く際は誤解を招かぬよう注意しましょう!

 

ピアスの場所

昔から欧米地域では、基本的に男性が女性の右側を歩くことになっています。

男性はいざという時に女性を守れるよう、利き手に武器を持つためにそうなったんだとか。

それをベースとして、右側にピアス:女性、左側にピアス:男性がスタンダードになり

ちょうどお互いのピアスが見える位置関係になっているんですね。

 

右耳・・・「守られる人」という意味を持ち、優しさや運命といった女性らしさを象徴します。

男性の場合=右耳のみにピアスをつけていると、同性愛者とみられる可能性があります。

女性の場合=一般的に片耳のみにピアスをつける場合は右耳につけます。

特に性対象がノーマルであることを伝えるために右耳に偶数個のピアスをつけるケースもあります。

 

左耳・・・「守る人」という意味を持ち男性らしさを象徴します。

男性の場合=一般的に片耳のみにピアスをつける場合は左耳につけます。

特に性対象がノーマルであることを伝えるために左耳に偶数個のピアスをつけるケースもあります。

女性の場合=左耳のみにピアスをつけていると、同性愛者とみられる可能性があります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です